胃潰瘍に 良い食べ物

胃潰瘍に良い食べ物とは?

スポンサーリンク

 

 一口に胃潰瘍と言っても、どのような症状が出てくるのかをきちんと把握している人はあまりいません。
 では、どのような状態に陥るのかと言えば、みぞおちに強い痛みを感じるようになります。

 

 これは食後に感じることが多く、食事をした後に痛みが治まるのであれば、別の病気です。
 胸焼けやゲップに苦しむのも特徴の一つです。
 これは胃酸が大量に出た結果です。

 

 そのため、胃潰瘍に良い食べ物としては胃に粘膜を形成してくれる牛乳が該当します。
 牛乳を食事の前に飲んでおけば、胃にバリヤーを張ってくれるので、その健康状態を保つのに役立ちます。

 

 胃潰瘍を起こすと食欲が減退し、吐き気や嘔吐に苦しむことになります。
 そのため、体重が必然的に減少していきます。
 そのため、胃潰瘍に良い食べ物とは、消化に優しくて栄養のあるものとなります。

 

 おかゆや野菜のスープなど、食欲がなくても食べやすいものを選んで口にするようにしましょう。
 病気で気分が悪くても何も食べなければ症状は改善しないというのを、意識しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍に良い食べ物としては、和食があげられます。
 これは、豆腐に胃酸を中和させる働きがあり、白身魚に胃潰瘍を治す働きがあるためです。

 

 なお、食事の時間は一定にするようにしましょう。
 そうすることで胃のリズムを整えるのです。

 

 このとき、ゆっくりよく噛むこともまた大切です。
 急いで食べると胃に負担がかかる上に、満腹を感じる前に食べ過ぎることもあるからです。
 どんな食べ物を口にするときも、腹八分目を心がけるようにしましょう。

 

 胃潰瘍を患ったときに口にしてはいけないものとしては、アルコール類やコーヒーなどの刺激物があげられます。
 これらは過剰摂取すると胃の働きを低下させる効果を持つため、胃が痛んでいるときはなるべく口にしないようにしましょう。

 

 禁煙をすることも大切です。
 タバコは血行障害を引き起こす原因にもなります。
 周りの人にも迷惑をかけることが多いので、胃の調子が悪くなったら、それを機に禁煙をするようにしましょう。

 

 次はこちらの記事です。 
 ストレスが原因の胃潰瘍で入院する時の心構え

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。