胃 ポリープ 原因 ストレス

胃のポリープはストレスが原因だった?

スポンサーリンク

 

 ストレスがたまると、食欲がわかなくなるという人は多くいます。
 逆に、ストレスがたまると、それを解消するために普段よりも甘いものなどを多く食べるという人もいます。

 

 食事の量は、少なすぎても多すぎても、健康における問題となります。
 なぜならそれらによって、胃の負担が増えることになるからです。

 

 胃では、食べた物の消化がおこなわれています。
 具体的には、食べ物を溶かしながら、栄養分と老廃物とに分解しているのです。

 

 食べ物は胃液によって溶かされているのですが、食べ物が入ってこないと当然これは使われず余ってしまいます。
 その結果、食べ物ではなく粘膜が溶かされ、ただれやすくなってしまいます。

 

 逆に食べ物が入りすぎると、分解するまでに長時間かかることになります。
 食べ物が固形物の状態で長く留まるわけですから、その刺激でやはり粘膜がただれやすくなります。

 

スポンサーリンク

 

 粘膜は、ただれても体の自然治癒力によって、徐々に治っていきます。
 しかしその治る過程で、過剰に細胞分裂がおこなわれると、その部分が盛り上がってポリープになってしまいます。
 このように、ポリープは、トレスが原因となってできてしまうことがあるのです。

 

 また、ポリープは稀にガン化することがあります。
 ポリープは出っ張っているわけですから、その部分の粘膜は胃液や食べ物に触れやすくただれやすいです。
 そしてそのただれを治すための細胞分裂でガン細胞が作られてしまうことがあるのです。

 

 このようにポリープはガンの原因にもなるので、それを防ぐためにも胃は十分に労わることが大事とされています。
 そしてそのためには、ストレスを溜めすぎないように気をつけ、適度に食事をとることが非常に重要となります。
 食事次第で健康状態が決まると言っても過言ではありません。

 

 次の記事はこちらです。
 子供の胃痛はどう対処する? 

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。