胃潰瘍 十二指腸潰瘍 食事 メニュー

胃潰瘍や十二指腸潰瘍によい食事メニューは?

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因の多くは、胃酸などの分泌が亢進されるか、粘膜によるバリアが弱まることにより、自分で自分を消化してしまうことにより起こります。

 

 そのため、粘膜の保護を念頭に置き、刺激物を避け、消化の良い食事メニューにすることが重要です。
 具体的には硬い食事、冷・高温食品、香辛料、アルコールを避けます。

 

 メニューを決める際は、調理法にも注意しましょう。
 油が多い食事だと、消化に時間がかかり、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の方には負担となります。

 

 揚げ物より焼き物、蒸す、ゆでる、煮込むなどの調理方法がお勧めです。
 また、じっくり柔らかくなるまで煮込むことで消化が良くなります。

 

 つぶしたり、裏ごしする、ペースト状にするのもよいです。
 なるべく食物繊維の少ないものを選びましょう。
 便秘解消には食物繊維が大事ですが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の場合は消化が悪いのでお勧めできません。

 

 また、組織を修復するために、栄養価の高い食品をとりましょう。
 卵などのたんぱく質を摂ることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 具体的なメニューは、主菜なら、脂肪の少ない鶏むねや鶏ささみの蒸し物、茶わん蒸しなどがお勧めです。
 一品料理なら煮込みうどん、親子丼、木の葉丼などがよいです。

 

 副菜は白菜の煮びたし、野菜の煮込み、マッシュポテト、マッシュカボチャなどがよいでしょう。
 避けたいのは、フライなどの揚げ物やバラ肉、カルビなどの脂肪の多い肉、また、ゴボウなどの食物繊維が豊富なものです。

 

 主食は、ご飯がつらい場合はおかゆやパンがゆ、長時間煮込んだうどんなどがお勧めです。
 またリゾットや雑炊などなら一品で栄養が摂れます。

 

 また、胃酸の分泌を抑制するには少量の食事を何度も食べる方法が効果的です。
 胃によいだけでなく、太りにくいというメリットもあります。

 

 また、塩辛い食品、不規則な食事時間もよくありません。
 ただし、無理をすることで食事が楽しくないものになるのはよくないです。

 

 症状が重い時は食事療法を実践することは重要ですが、落ち着いてきたら、たまに好きのものを食べるなどストレスをためないようにしましょう。

 

 次の記事はこちらです。
 背中の痛みが胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状なの?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。