十二指腸潰瘍 痛み 緩和

十二指腸潰瘍の痛みを緩和するには?

スポンサーリンク

 

 一般に胃痛として認識される症状のうち、その多くが十二指腸に原因があるものです。
 胃の出口と十二指腸の入口はつながっており、ともに炎症や潰瘍ができやすいという特徴があります。

 

 炎症は胃や十二指腸の粘膜がただれている状態ですが、潰瘍になると粘膜の一部または全部が欠損します。
 この潰瘍が胃に発生した場合が胃潰瘍、十二指腸に発生すると十二指腸潰瘍と呼ばれるのです。

 

 どちらも原因としてはストレスが大きく関わっていると言われています。
 直接の原因は胃から分泌される胃酸や消化酵素のペプシンが、食物ばかりでなく粘膜まで消化してしまうことにあります。

 

 通常なら粘膜は粘液で保護されていますが、ストレスの影響で胃酸やペプシンが過剰に分泌されると保護機能を上回ってしまうのです。
 ストレスが粘液の分泌減少の形で作用する場合でも、同じ結果を生みます。

 

 胃潰瘍や十二指腸潰瘍では、ヘリコバクターピロリ菌の介在も無視できません。
 ピロリ菌は強い酸性の環境下でも生きられるという性質を持っています。

 

 この菌が定着すると粘膜が破壊され、保護機能を失って潰瘍の原因となります。
 十二指腸潰瘍患者の9割以上がピロリ菌の保有者だと言われています。

 

 十二指腸に潰瘍ができると、みぞおち付近に痛みが発生します。
 その程度は潰瘍の深さによって異なり、浅い場合は鈍痛ですが深くなると疼痛を覚えるようになります。

 

 潰瘍が血管にまで及んだ場合は吐血や下血が見られることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 十二指腸潰瘍の症状の大きな特徴としては、空腹時に痛みを覚えるという点が挙げられます。
 胃に食物が入ると胃酸が分泌されても食物と混じり合って中和されるため、潰瘍が刺激されなくなるのです。

 

 消化が終わって食物が胃や十二指腸から出て行くと、残された胃酸に潰瘍が刺激されて痛みが発生します。
 食事をして再び食物が入ると痛みが緩和されます。

 

 十二指腸に潰瘍が発生していても、症状が軽いうちに対策を講じておけば自然治癒も十分に可能です。
 痛みを緩和するには、食事をしたり牛乳を飲んだりして胃に消化物を入れるといいでしょう。

 

 その上で体を休めてストレスを減らし、胃に負担をかけないような食事を心がけることも大切です。
 若くて体力のある人なら、そうした対策だけでも症状が自然と緩和していく例は多いものです。

 

 それでも症状がなかなか改善されないようなら、内科を受診して医師に相談することが治療につながります。

 

 十二指腸潰瘍の治療は内科的治療と手術などの外科的治療に大きく分けられます。
 以前は手術もよく行われていましたが、最近は効果の高い薬が開発されて内科治療が重視されるようになりました。

 

 胃酸やペプシンの消化力を抑える薬の他、胃酸の分泌を抑える薬や粘膜を保護する薬などが主に使われます。
 ピロリ菌の除菌療法も高い治療効果を発揮しています。

 

 こうした薬や治療によって十二指腸潰瘍の症状も緩和され、空腹時の痛みから解放されるのです。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍や十二指腸潰瘍によい食事メニューは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。