胃潰瘍 自然に治る

胃潰瘍は自然に治るのか?治療が必要なのか?

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍とは、胃の壁が炎症を起こして、ただれてしまったり、潰瘍ができてしまった状態の病気です。

 

 以前は比較的高齢になると多くみられる疾患でしたが、原因のひとつでもある、ストレスや暴飲暴食などが多い現代社会の中で自然に若い世代でも多くなり、一般的に多くみられる病気のひとつになっています。
 胃潰瘍はストレスや暴飲暴食が原因の他に、ピロリ菌の感染による発症も関連していると言われています。

 

 一般的に胃潰瘍は、自然に治る事もありますし、市販薬での治癒もあります。
 一方で病院で長期の治療が必要な場合もあります。

 

 症状や炎症の状態にもよるもので初期の段階であれば、自然に治ることも期待はできますが、ある程度進行してしまった状態であったり、ピロリ菌が原因の場合には、病院での適切な治療が必要になります。

 

 胃潰瘍の主な症状というのは、慢性胃炎や十二指腸潰瘍、胃がんなどとも似ていることから自然に治るものではあるものの他の疾患危険性もあることから、あまり放置というのは良い方法だとは言えません。

 

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍は、ストレスの軽減や食生活の改善などにより自然に治ることも多い疾患のひとつではありますが、原因がピロリ菌の場合には慢性胃炎から胃潰瘍や胃がんになるケースもありますので油断はできません。

 

 実際に症状から病名を決められることは素人はもちろんですが、専門医でも難しいのが本音で、あくまでも検査によって診断できることになります。
 検査で最も信頼が高いものが内視鏡検査で、多くはその状態で病名はわかりますが、細胞検査などを行うこともあります。

 

 ストレスや食生活が原因の場合には軽度であれば、自然に治ることも多くありますが、胃の状態が良くなければ再発もします。
 ある程度進行してしまった場合には、医師による適切な治療をすることが最も良い方法になります。
 ピロリ菌が存在する場合には今後のことも考えて、駆除をすることが基本治療になります。

 

 総合的に考えて、確かに胃潰瘍という病気は自然に治る病気のひとつだと言えないことはありません。
 しかし、他の疾患との区別がつきにくいことや、原因によっては再発や悪化の危険性も考えられるので、病院を受診して診断と治療を行うことが基本になります。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍と胃癌の違いとは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。