胃潰瘍 診断 方法

胃潰瘍!その診断と予防方法について

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍の診断方法と言えば、胃カメラがあります。
 これは胃炎や胃がんを調べる際にも用いられる器具となっています。

 

 胃カメラによる診断と言えば、苦しいというイメージが付きまといます。
 これは実際に体験したことがなくても、喉に器具を挿入することで嗚咽感を感じることが多いのがわかるでしょう。
 そしてそれが検査を躊躇させる傾向にあるのです。

 

 しかし、近年ではそれも改善されています。
 診断前に、患者に眠くなる薬を投与した上で、鼻からチューブを差し入れるというスタイルが採用されているからです。
 この方法ならさほど苦しむことなく、胃潰瘍かどうかを確かめることができます。

 

 これと似たようなもので、ファイバースコープを差し込むというのがありますが、こちらも管が年々細くなっており、苦痛は軽減されています。
 バリウムを飲んでレントゲンを撮るというのもありますが、こちらも近年では飲まなければならないバリウムの量が減少しており、苦痛を感じることは殆どなくなっています。

 

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍になる原因として考えられているのは、暴飲暴食です。
 これは食事の時間が一定化していない上に、脂っこいものやアルコール類ばかり口にしている人だと、胃潰瘍になりやすいと言えます。

 

 この場合は原因が明らかなので、対処方法も決まっています。
 過度の飲酒を控え、食事の内容もバランスが取れたものにしましょう。

 

 強いストレスを感じることで胃を痛めることもあります。
 こちらはその原因を探り出し、取り除くようにしましょう。

 

 完全に除去するのが難しいのであれば、それを忘れられる時間を意図的に設けるようにしましょう。
 つらいことや嫌なことをずっと考え続けていると、胃だけでなく他の部分まで悪くする可能性があります。
 そこを意識するのが大切です。

 

 胃の調子が悪いときは、食事を控えるようにするのも大切です。
 胃の負担を減らせばそれだけ楽になります。
 このため、胃がつらいと感じたら食事そのものをしないようにするというのも、選択肢の一つなのです。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍の手術で入院した場合の費用はどのくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。