胃潰瘍 内視鏡 手術

胃潰瘍では内視鏡手術が効果的なの?

スポンサーリンク

 

 胃の部分に異常が発生するとそれが問題になることがあり、そういう症状の一つに胃潰瘍があります。
 この症状は胃液の分泌が過剰になって胃壁にダメージを与えるもので、場合によっては重い症状になることもあります。

 

 胃潰瘍になった時は内視鏡を利用して調べることがあり、そういう形で症状の確認をすることがよく行われます。
 この方法は確実に状態を確認することができるため、胃に問題がないか正確に調べたい時に便利です。
 また内視鏡を使った方法では手術をすることも可能で、そういう形で症状をよくすることもできます。

 

 内視鏡をつかった胃潰瘍の手術をする時は入院をすることがあり、ある程度時間がかかることがあります。
 なぜ入院をすることになるのかというと、手術をした後で胃などに問題がないか経過を確認する必要があるからです。
 そのためある程度入院をすることはありますが、場合によっては日帰りで治療を受けられることもあります。

 

スポンサーリンク

 

 胃潰瘍の内視鏡手術では、身体への負担を少なくして治療することができるようになりました。

 

 一般的に胃潰瘍などを治療する場合は、メスによる外科的な開腹手術という方法が採られていました。
 開腹での治療では、その傷跡がどうしても残ってしまうため、外科的な方法で治すのは負担が大きくありました。

 

 しかし今は内視鏡を使って簡単に治療をすることができますから、傷跡が殆ど残らない形で治すことができます。
 治療をする場合は事前に検査を受けておく必要があり、そこで何らかの問題があったときは内視鏡手術を延期することがあります。

 

 治療をする場合は麻酔をしてから対応をするので、痛みを感じることは基本的にはなく安心して受けられます。
 また治療にかかる時間は症状にもよりますが、全体的に短い傾向があるので利用がしやすいです。
 治療が終わった後はすぐに帰れることもありますが、体の内部を切って治療しているので経過の確認は必要です。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍の初期症状と注意が必要な薬とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。