吐血 原因 ストレス

ストレスが原因で吐血するの?

スポンサーリンク

 

 ストレスが原因となって様々な症状が心と体を蝕んでいきます。
 ストレスは人により受け取り方が違いますが、ストレスを解消できる方は良いですが解消できない方は少しずつたまっていき心の変化が生じます。

 

 仕事、完璧な家事、ペット、人間関係などストレスは生活の中で起こる出来事です。
 仕事のミスをしても改善できる方もいればいつまでも考え込んで落ち込む方もいます。

 

 完璧に家事をしなければならないと頑張る方、ペットの病気や死を受け止められない方、人の何気無い言葉で傷つく方や上手く付き合えない方など色んな方がいます。
 そんなストレスが蓄積されると心は疲れてしまいます。
 イライラしたり、落ち着きがなくなったり、憂鬱な気分になったり心に元気がなくなります。

 

 体にも症状が出て胃痛、頭痛、腹痛、吐き気、めまいなどで悩むことになります。
 胃がキリキリ痛み出すと息ができなくなるほど痛むこともあります。

 

 胃潰瘍や胃炎、潰瘍ができることがあります。
 胃に炎症が起こると吐血することがあります。

 

スポンサーリンク

 

 原因はストレスによるものです。
 原因を取り除くことができると心と体の不調はなくなります。
 吐血するほどの重度のストレスがかかるほど我慢する必要はありません。

 

 原因を改善するために仕事や家庭の環境を変える、人間関係を整理する、好きなことしかしない、専門のクリニックでカウンセリングを受けるなどの改善をする必要があります。

 

 胃の不調で吐血した場合には治療しないといけません。
 胃腸科での検査の後、医師の指示に従い治療をしましょう。

 

 胃に負担がかかる食事は避け、ゆっくり心を落ち着かせて過ごしていきましょう。
 コーヒーなどのカフェイン、酒、タバコなども良くありません。
 胃を優しく包むような食事を中心に食べましょう。

 

 薬物療法と共にリラックスできる対策をとることをお勧めします。
 治療をすると完治します。

 

 原因を取り除けばストレスはなくなり元の状態に戻ります。
 心配しないでゆっくり治していきましょう。
 早期発見、早期治療が病気を悪化させない改善策です。

 

 次はこちらの記事です。
 胃潰瘍で吐血した時の色は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。