胃潰瘍 食事 アルコール

胃潰瘍!気になる食事やアルコールとの関係とは?

 

 

 胃潰瘍と言えば、悪化すると吐血することもある病気です。
 胃潰瘍はストレスが原因で発症することが多いと言われています。

 

 ストレスは過労や寝不足などの肉体的なものから、職場での対人関係や境遇への不満などがあげられます。
 自身の周囲の環境に原因を求められるので、一朝一夕に改善できるものではありませんが、徐々に負担を減らすようにしていきましょう。

 

 胃潰瘍では、ピロリ菌が原因というケースも存在します。
 ピロリ菌が感染したら、即座に問題が起きるのではなく、潜伏期間があり、体調が悪化したときに発症します。

 

 食事の内容が影響することもあります。
 香辛料や肉類など、消化に悪い刺激物を繰り返し摂取していると、胃の粘膜が痛んでしまい、胃潰瘍になるというパターンです。

 

 これを防ぐには、食事の前に牛乳を飲み、胃の粘膜に幕を張っておくのが有効です。
 刺激物の摂取もなるべく控えるようにしましょう。

 

 胃の健康を保つことは、公私両面において必要なことなのだと、意識しておきましょう。

 

 

 

 アルコールの過剰摂取が原因で胃潰瘍になることもあります。
 仕事柄夜遅くまで誰かとお酒を飲まねばならない人が当てはまります。

 

 アルコールは胃の粘膜を痛める原因になることが多く、そのほかの不調の原因にもなります。
 このとき、タバコを同時に吸っていると、ダメージは倍増します。
 喫煙は血行障害を起こす引き金となるからです。

 

 普段何気なくしていることが、身体に強い負担を強いているというのを、意識することから始めましょう。

 

 では、胃の調子を整えるにはどのような食事を取れば良いのかと言いますと、それは和食です。
 胃酸の働きを中和する力を持つ豆腐類などや潰瘍の治りを促進する効果を持つ白身魚などを積極的に摂取するようにしましょう。

 

 アルコール類を口にできないことがストレスになるという人は無理に抑えるのは危険なので、軽めに済ませるようにしましょう。
 何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。
 適量を守って、健康を維持することが大切です。

 

 次の記事はこちらです。
 ロキソニンが胃潰瘍の原因になるの? 

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。