胃潰瘍 原因 酒

胃潰瘍の原因はやっぱり飲酒だった?

 

 

 胃潰瘍とは、食べたものをやわらかく消化するために分泌される胃酸が過剰に分泌され、胃の粘膜まで溶かしてしまうことにより、結果として胃壁が傷ついた状態のことを言います。
 症状としては、強い痛みや胸やけ・ゲップ、ひどくなると黒っぽい血を吐くこともあります。

 

 通常、健康な胃は胃粘液を分泌することによって胃粘膜の表面を覆っています。
 こうすることにより胃酸から胃を守っているのです。
 しかし何らかの原因により胃酸の分泌が過剰になると、胃酸が胃の粘膜を傷つけることになり潰瘍が出来てしまうのです。

 

 胃潰瘍になる原因は様々で、その代表的なものに飲酒があります。
 アルコール成分が胃に大きく影響を与えてしまうために、胃潰瘍の原因とされているのです。

 

 アルコールそのものは過剰に摂取しなければ胃に影響を与えることはありません。
 しかし大量に飲酒をしたり、毎日飲酒をする習慣の人はアルコール濃度が高くなる傾向があり胃に影響を与えてしまうのです。

 

 

 

 アルコール成分が胃に与える影響のひとつは、胃液の分泌を刺激してしまうことにあります。
 アルコール濃度が高くなると胃液の分泌は増えます。

 

 ただ、適度な飲酒では胃酸過多になることはありません。
 しかしある一定の濃度を超えるアルコールを摂取すると、今度は胃液の分泌が抑制され、胃の活動が弱くなってしまいます。
 すると胃酸によって胃壁が破壊されやすくなってしまうのです。

 

 もうひとつの影響は、アルコールそのものの性質です。
 アルコールにはタンパク質を固める働きがあります。

 

 胃の表面を覆っている胃粘液にはタンパク質が含まれており、大量のアルコール摂取が起きると粘液中のタンパク質は固まってしまい、胃壁を覆うことが出来なくなってしまいます。
 そこへ胃酸が加われば胃壁には潰瘍が出来てしまうのです。

 

 しかし注目すべきなのは、お酒を大量に飲む人がすべて胃潰瘍になるというわけではないという点です。
 同じアルコール摂取量でも、ストレス解消が上手な人の方が胃潰瘍にはなりにくいというデータがあります。
 お酒を飲む時は、ひとりで酒をあおるより、大勢で楽しく飲んだ方が胃潰瘍にはなりにくいのかもしれません。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍を入院しないで治療するには?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。