胃痛 発熱 原因

胃が痛くて発熱するのは要注意?

 

 

 誰でも、一度は胃の痛みを経験したことはあるでしょう。

 

 食べ過ぎや飲み過ぎなどで胃が痛くなったのであれば、しばらく安静にしていれば概ね治まってくるようになります。
 あまり心配することもありません。

 

 しかし、腹痛や下痢、嘔吐、発熱などの症状が一緒に現れるような時には、注意した方がいいかもしれません。
 感染性胃腸炎になっているかもしれません。

 

 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスの感染によって引き起こされる胃腸炎です。
 単に胃の痛みなどを引き起こすだけでなく、発熱することもある胃腸炎です。

 

 感染性胃腸炎は、重症化することは少ないとされています。
 しかしながら、幼児や高齢者などの体力の弱い場合には、脱水症状などになりやすく重症化することもあるので注意が必要です。

 

 

 

 この感染性胃腸炎は、「胃腸風邪」とも呼ばれることもよくあります。
 風邪のような症状を感じ始めたら、その症状が胃腸に現れるようになることからこのように呼ばれているようです。

 

 この胃腸炎を引き起こす病原菌は、ウイルスや細菌ですが、以下のようなものが挙げられます。
 ウイルス性のものでは、ノロウイルスやロタウイルスなどがあります。
 一方、細菌性のものでは、腸炎ビブリオや病原性大腸菌、サルモネラなどがあります。

 

 これらの病原菌は、食べ物や感染者からの汚染、咳やくしゃみからの飛沫感染などで広がっていくことが多いとされています。
 よく知られたノロウイルスによる胃腸炎は、特に冬の時期の起きやすく、その感染力も強く最もよく見られるものです。

 

 食べ物は充分に加熱するなどして、できるだけ生では摂らないように気をつけましょう。
 また、身の回りもしっかりと除菌するなどの対策が必要になります。

 

 冬場は室内も乾燥しがちですので、加湿器を使ったり濡れタオルを掛けたりして湿度を高くしましょう。
 帰宅時には、うがいや手洗いも効果的です。

 

 次の記事はこちらです。
 胃のポリープはストレスが原因だった?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。