十二指腸潰瘍 治療 入院

十二指腸潰瘍の治療と入院について

 

 

 十二指腸潰瘍はストレスや過労、その他暴飲暴食など様々な要因によって発症する病気です。
 症状については個人差がありますが、例えば慢性的な食欲が無い場合や、激しい痛みが発生するケースがあります。

 

 このような症状に苦しんだ場合は、我慢せずに早期に病院に行くことを推奨します。
 受診するのは内科となります。

 

 十二指腸潰瘍の検査については、通常は胃カメラによる検査となります。
 一般的には検査予約日を決めて病院を受診することが多いですが、痛みが激しいために検査に緊急を要する場合は即胃カメラ検査をするケースがあります。
 この場合は胃の中を空にするために、朝食は抜いて病院に行くようにしましょう。

 

 また内科の問診の際には、医者に症状の詳細を伝えた方が検査や治療がスムーズになる可能性が高まります。
 お腹が痛み出した時期や、時間帯や食欲の有無や体温など、気になる症状を伝えるようにしましょう。
 胃カメラ検査で十二指腸潰瘍かどうかを診断します。

 

 

 

 お腹の痛みで食欲不振や体力の減少が気になる場合は早期に内科に行くことを推奨します。
 十二指腸潰瘍は通常は胃カメラによって発見する事ができる病気です。
 十二指腸潰瘍は投薬治療が主となっています。

 

 症状が重かったり慢性的である場合は入院をして手術を行うケースもあります。
 入院期日は個人差や症状にも違いがありますので、詳細は医師に質問をすることを推奨しますようにしましょう。

 

 十二指腸潰瘍の治療で大切なことは安静にすることや食事療法です。
 この点、入院をした場合は食事は病院食が提供されますので、胃腸に負担をかけない食事が可能です。
 また入院をした場合は、食欲が無くても点滴によって健康維持に必要な栄養補給が可能です。

 

 自宅での治療となった場合は、食事についてはお粥を食べるなど胃腸に負担のかからない食事にすることが大事です。
 睡眠不足も十二指腸潰瘍を悪化させてしまう要因となるために、自宅ではしっかりと休息することが大切となります。

 

 次の記事はこちらです。
 十二指腸潰瘍の症状を治すには手術がいい?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。