胃潰瘍 入院 手術 費用

胃潰瘍の手術で入院した場合の費用はどのくらい?

 

 

 胃潰瘍とはその名前からも分かるように、何等かの理由によって胃に潰瘍ができてしまうという疾患です。
 そもそも潰瘍とは粘膜部分に発生するもので、何等かの理由によって粘膜に炎症が起こりえぐり取られることを言います。

 

 この潰瘍が悪化して出血を伴う場合には、出血性胃潰瘍と呼ばれるようになります。
 この疾患は比較的若い世代の人に発生することは少なく、基本的には40代以上の人に発生しやすいと言われています。

 

 胃潰瘍が発生する原因については複数ありますが、中でも特に代表的なものとしてピロリ菌の感染が挙げられます。
 このピロリ菌の感染が原因で発症してしまうケースは、全体の半数以上を占めているので注意する必要があります。

 

 ピロリ菌の感染以外にも挙げられる原因としては、普段服用している薬の影響、ストレスの蓄積等が挙げられます。
 他にも普段からアルコールを過剰摂取する傾向にある人も発症しやすいので、アルコールを控えることも大切です。

 

 

 

 胃潰瘍が発生した場合に現れる症状としては、食後に強くなる胃辺りの痛み、吐き気や嘔吐等を挙げることができます。

 

 それ以外にも潰瘍から出血が起きている場合には、貧血や吐血、便に血液が混じって黒い便が出る等の症状が現れることもあります。
 出血がひどい場合には急激な血圧低下等の症状が現れることもあるので、発症の疑いがある場合は早めの病院受診が望ましいです。

 

 この疾患の治療方法については患者の状態等によって異なり、軽度の場合には薬の処方だけで終わる場合もあります。
 ただし症状が明らかに重い場合には手術が必要になる場合もあり、こうした場合には入院となるのが一般的です。

 

 しかし手術で入院となるとどうしても気になってくるのが、費用がどの程度かかるのかという点になります。
 この入院費用に関しては入院期間等によって変わってくるので、一概にどのくらいと言うのは難しいです。
 ただ一般的には手術だけで5〜6万円程度、入院で数十万円程度で合計40万円程度の費用がかかることが多いとされています。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍の検査にかかる費用はどのくらい?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。