胃潰瘍 初期症状 薬

胃潰瘍の初期症状と注意が必要な薬とは?

 

 

 胃潰瘍という病気をご存知でしょうか。
 胃潰瘍とは、胃の粘膜がなんらかの形で傷つき、傷ついた部分に穴があくことでなる症状です。
 穴が開くことによって様々症状が出ます。

 

 その中でも初期症状として考えられるのが、胃もたれや食欲不振、空腹時に胃が痛むまた食後に痛みがでるなどといった初期症状がでます。
 また、吐き気や背中が痛いといった症状がでることもあるのです。

 

 胃潰瘍は、大きく分けて2種類に分かれます。
 2種類に関しては、急性と慢性があります。

 

 急性は、精神的ストレスやアルコールの飲み過ぎ、喫煙などから症状が出ます。
 初期症状は、胸焼けや食欲不振、胃痛などがあります。
 さらに悪化していくと、吐き気や嘔吐が続くようになるのです。

 

 次に慢性についてですが、慢性胃潰瘍の原因はピロリ菌です。
 ピロリ菌は胃酸にも強い菌なので胃の粘膜を傷つけてしまうことに繋がってしまうのです。

 

 このようなことから胃潰瘍になってしまうのです。
 では、どのように対応していけばよいのでしょうか。

 

 

 

 胃潰瘍になる原因として他にも考えられるのが薬です。
 特にロキソニンなどの強い鎮痛剤を服用することによって、薬の効果で胃潰瘍になる可能性もあるので注意が必要であります。
 ですので、胃が弱い方などは鎮痛剤などの薬を飲むときは必ず胃薬も併用して服用することがよいでしょう。

 

 またお医者さんにしっかりと相談することも重要でしょう。
 また、薬のせいでなってしまった場合は服用をすぐにやめることが大切です。

 

 それから、予防策としては、ビタミンなどの栄養素を多く摂ることも大切です。
 中でも人参やかぼちゃなどは胃の粘膜を丈夫にする作用があるので積極的に摂取することがおすすめです。
 それから、胃の粘膜の修復が期待できるブロッコリーやキャベツなどもおすすめです。

 

 このようなことから和食中心のバランスのとれた食生活にすることが予防につながると考えられます。
 また、ヨーグルトなどの乳酸菌もピロリ菌を減らすのに効果的なのでおすすめです。

 

 次の記事はこちらです。
 胃潰瘍の初期症状では下痢をする?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。