胃潰瘍 薬 種類

胃潰瘍の薬にはどんな種類があるの?

 

 

 胃潰瘍の薬として、最もよく使用されているのは、プロトンポンプ阻害剤の「ネキシウム」です。
 ネキシウムは、オメプラゾールが光学活性体の混合物であったため、活性の強い方の光学異性体を不斉合成などにより光学分離し、新薬として申請した薬です。

 

 他にもプロトンポンプ阻害剤として、「ランソプラゾール」があります。

 

 また、プロトンポンプ阻害剤以外にも「レパミド錠」があります。
 これは胃潰瘍になった胃の表面を保護する作用があります。

 

 また、胃潰瘍の痛み止めには、胃の運動を抑える「チアトン」があります。
 さらに、痛みを根本的に止めてしまう「ストロカイン」もありますが、常習性があり麻薬のような痛み止めなので長期では処方されません。

 

 このように、胃潰瘍になると処方刺される薬には、プロトンポンプ阻害剤、レパミド錠、チアトン、ストロカインなどたくさんの種類があります。
 これらの薬にどのような効果や副作用があるのかにいついては、薬剤師から詳細に説明を受けるようにしましょう。

 

 また、最近はやりのジェネリックがある薬もあるので注意してください。

 

 

 

 胃潰瘍に効く薬にはたくさんの種類があります。

 

 ベータ・ブロッカーと呼ばれるガスターがあります。
 病院で処方されるのは、ガスター20の方です。

 

 第一種のドラッグストアで購入するよりもはるかにお得です。
 これは、胃潰瘍になりかけたり、治ってきたりした「胃炎」と呼ばれる状態に用いられる薬です。

 

 実は、胃潰瘍とは胃炎が酷くなり、炎症部位から出血することを言います。
 いろいろな種類がありますが、やはりどうして胃が悪くなったかを調べることが大切です。

 

 ストレスは溜まっていないか、暴飲暴食をしていないか、睡眠不足など生活習慣や生活のリズムが狂っていないか、酒やたばこなどを飲みすぎていないかなどなど、胃を痛める原因はたくさんあります。
 このような原因を捜し出し対策を打たないと、何回も同じ疾患を繰り返します。

 

 医者の治療に100%頼らないで、自分自身の行動を見直し、健康を志向した生活に変えていくべきです。
 根本的な治療は、自分自身が行なうものと考えた方がいいでしょう。

 

 次の記事はこちらです。
 胃炎の症状とげっぷの関係とは?

 

 

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。